2019年01月

アスタキサンチンを多く含む食材

2019年01月09日

アスタキサンチンを多く含む食材



アスタキサンチンとは、天然色素成分のカロテノイドの一種で、強力な抗酸化作用があり、赤系の色素を持つ、脂溶性物質です。

アスタキサンチンの抗酸化作用を実感する女性

アスタキサンチンを含む食材赤色、オレンジ色などの魚類、甲殻類に多く含まれ、加熱して赤くなる食材に含まれています。
例)紅サケイクラ、すじこ、カニの殻、エビの殻、サクラエビ、オキアミ、ヘマトコッカス藻


1.アスタキサンチンの健康効果と効能



眼精疲労の予防や軽減、改善の効果、白内障などの眼疾患の予防効果、強力な抗酸化作用、脳の老化や病気の予防、血管の老化防止、糖尿病や高血圧、動脈硬化の生活習慣病の予防、改善の効果、メタボリックシンドロームの予防、改善の効果、悪玉コレステロールの減少と善玉コレステロールの増加、筋肉疲労の予防や軽減、回復の効果、筋肉痛の予防、疲労回復の効果、自律神経のバランスを整える

アスタキサンチンで健康になった女性


2.アスタキサンチンの美容効果・効能



シミやそばかすの予防、美肌・美白効果肌の老化防止、アンチエイジングの効果、紫外線によるダメージの防止、シワや肌のたるみの予防、改善の効果、肌の乾燥防止、保湿効果、皮脂の分泌の抑制、ダイエット効果


3.アスタキサンチンの美白効果



アスタキサンチンの最大の特徴は、美肌だけでなく、美白効果があるということです。
紫外線は、細胞を老化させる活性酸素を生み出し、シミやシワの原因になり美白の天敵です。

アスタキサチンは、強力な抗酸化作用で、紫外線を浴びて生み出された活性酸素を強力に除去し、メラニンの生成を抑制するため、お肌のシミやシワの原因を排除することで、美白効果に繋がります。

美白効果を得た女性

アスタキサンチンを経口摂取によって内面から摂取する事も大切ですが、美容に関しては、アスタキサンチンを配合した化粧水などを使用する方法もあります。

内面からと外面からでアスタキサンチンを活用することによって、さらに美白効果が期待できます。

プロフィール
管理者:やまちゃん

趣味:コスメ
特技:昼寝
長所:聞き上手
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集